2006年01月04日

【遊戯】デッキ名

【デッキ名】
《ダンディライオン》
《黄泉ガエル》
《クリボー》《ハネクリボー》(笛)
獅子帝、ライボー、黄泉獅子帝、どれもしっくり来ない。
デッキ名の役目とは本来デッキ内容やコンセプトを、ある程度知識がある方なら誰にでも伝わる事。
もちろん短く。
カエル:罠が少なくなる(いつでも使える罠が多い)
クリボー系:笛も入るので6〜9枚スペースいる
ライオン:特に構成に影響無し

ぶっちゃけライオンは書く必要無いだろ。
昔みたいに上級の枚数入れた方が分かりやすい。

黄泉笛帝(九)
クリガエル帝(十二)
黄泉クリ帝(八)

しっくりこない。
上級モンの略し方も帝以外にないのかな。
posted by キロス at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯(コラム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

【集計】融合デッキ・お触れ・押収

【融合デッキ】
・融合モンスターを使用する
12名、最多26枚、最少2枚、合計166枚、平均約14枚。
※メイン・サイドデッキに《デビル・フランケン》か《突然変異》の内少なくとも1枚入っていてる。

・融合モンスターを使用しない
4名、14枚が1名(優勝)、0枚が3名。
※自分のメイン・サイドデッキに融合モンスターを特殊召喚するカードが1枚も無い。

・記憶破壊者を採用している
0名。



【王宮のお触れ】
※メイン・サイド両方に入れている方2名
メイン5枚(3名)
サイド14枚(9名)

・罠の枚数
※《王宮のお触れ》除く
メイン86枚(16名)最多9枚
サイド59枚(16名)最多6枚



【押収】
メイン7枚(7名)
サイド2枚(2名)
posted by キロス at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯(コラム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【集計】エキストラ関連

24試合中エキストラターン1回、エキストラデュエル4回(内1回サドンデス突入)
※結果記入シートに専用欄がなかったため、実際はもう少し行われていたと思われる。

【LP調整カード】
※サイドデッキのみ集計
《ご隠居の猛毒薬》13枚(6名)
《プロミネンス・ドラゴン》8枚(3名)
《ステルスバード》5枚(3名)
《仕込みマシンガン》4枚(2名)
《マシュマロン》3枚(3名)
《停戦協定》2枚(2名)
《波動キャノン》2枚(1名)
《魔法吸収》2枚(1名)
《魔法効果の矢》2枚(1名)
《神秘の中華なべ》1枚(1名)
《魔法の筒》1枚(1名)
計43枚

【防御カード】
※サイドデッキのみ集計
※確実or大幅にLPを守れるカード
《威嚇する咆哮》7枚(4名)
《クリボー》6枚(4名)
《和睦の使者》5枚(2名)
《光の護封剣》2枚(2名)
《スケープ・ゴート》2枚(2名)
《ホーリーライフバリアー》2枚(1名)
《レベル制限B地区》1枚(1名)
計25枚

合計68枚(平均約4枚)
posted by キロス at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯(コラム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【集計】デッキ分布

【ガジェット系】(4名)
代償ガジェ2名
サイカリガジェ
罠ガジェ

【帝系】(4名)
黄泉獅子帝3名
黄泉獅子クリ帝

【リクルーター系】(3名)
トマトハンデス
ダブルリクスカオス
ダブルリクル(トマト・ネズミ)

【ビートダウン系】(5名)
サイカリ
スタンダード
メビ戦士
ネフホルサイバー
ブルーアイズ


第1回フロンティアカップのデッキ分布。
posted by キロス at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯(コラム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

【コラム】カードの質

【エキスパートエディション3】
巷で不評なEE3。
カードの発注は数ヶ月前に各店舗に送られてくるFAXで行います。
そこに書かれている情報が「何月何日にこんなのが発売されるよ」と掲示板やブログを賑わすわけ。
で、そのFAXからはSOD、RDS、FET、TLMのカード以外に何十枚か入っていると読み取れました。
ガジェットやアサイが入っていると憶測が飛んだのはそのため。
しかし蓋を空けてみれば再販無し、レリ無し、レアリティ変更無し、印刷薄い。
買う気しません。

《ダンディライオン》
Vジャンプ付属カード。
優良カードだが、初期傷がひどい。
俺が手に入れた4枚は全部枠が削れてた。
ホワイトホーンズの時はこんな事は無かった。
10枚に1枚なら分かるけど、ほぼ全部となるとね。

【プレミアパック9】
ライオン程ではないが、初期傷が目立ったようだ。

【今までの日本語のパック・本付属、アジア版】
サーチ傷除けば初期傷とかほぼありえません。

【北米版】
初期傷(カードの裏)が絶対にある。
また、特にストラクのカードがペラペラで質が悪い。

【デュエルディスク・フィギュア】
アメリカの売れ残り。
以下まとめ!
posted by キロス at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯(コラム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。