2006年04月11日

【分析】第11回フロンティアカップ

大会結果

更新遅れてすみません。
携帯からなので略式。
優勝デッキはいわゆるHAT。
原型とは細部が違いますが。

デッキ分布見て驚いたのが24人中半分もメイン死魔デッキ採用。
魔デッキ打った方が勝ちみたいな展開も少なからずあったのではないでしょうか。

1年前とよく似てきた。
変異天下でガジェ対抗。
デッキ傾向が固まってきた今、新パック発売までに新たなデッキは生まれるのか。

ダークカオスがもっと流行れば次元ビートが有望株。「周りが知らないから自分が使う」はずのデッキが流行ってしまえば、ね。
posted by キロス at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯(コラム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。