2006年01月17日

【ブログ】見やすく書くためには

簡単な話。
見にくく書かなければいい。

例1)
無駄に行スペースをあける。
落ちもネタバレもないのに大量に行間空けてる人。
字数稼ぎか何か知りませんが、見にくいのでやめましょう。
学校の作文じゃないですから。

例2)
途中で話題が変わる場合。
全然違う話だったら新たに記事立てたほうがいいが、関連性あるならわざわざ立てる必要はない。
ただ、どこで話が変わるのかは直ぐに分かったほうがいい。
posted by キロス at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。